「不思議な出会い」展示会概要

地域でつながるローカルとグローバル

東京に住む外国人は日々何を思い暮らしているのでしょうか? ステレオタイプや一方通行の国際交流ではなく、
私たちの日常(=ローカル)と地続きである外国人の生活の中で起きている変化(=グローバル)を学ぶことができれば、
彼らと私たち双方の世界観を広げることができるはずです。
イミグレーション・ミュージアム・東京の実践は、外国の方々の生活に見られる小さな違和感やおどろき、そして
適応への知恵や工夫を知ることから、それぞれ異なる文化背景への共感を育みます。

日程:平成26年2月15日(土) ― 2月23日(日)
時間:13:00-19:00
会場:日の出町団地スタジオ[足立区日ノ出町27 日の出町団地1号棟103]Google Mapで見る
アクセス:北千住駅(東口)から徒歩約5分
料 金:無料(申込不要)
出展作家:上本 竜平+カタノワ カテリナ、井出 友実+鶴巻 俊治+伴 優香子、岡野 勇仁+佐藤 友梨+宮本 一行

チラシ表面 (file.jpg 1.9MB)
チラシ裏面 (file.jpg 2.3MB)

※この展示会は、『アートアクセスあだち 音まち千住の緑』のプログラムの一つとして開催されます。
音まち 公式サイトhttp://aaa-senju.com

作品概要

上本 竜平+カタノワ カテリナ  『私の<アイ>ランド』 My "Eye" Land

東京近郊の新興住宅地のワンルームで暮らしている外国人女性の日常をうつした写真と「つぶやき」を、
子どものころから暮らし自分の国を思いだす「音」とあわせて展示します。
彼女が「自分がここで暮らしていた」ということを、将来どう語るのか、思いをめぐらせてみてください。

井出 友実+鶴巻 俊治+伴 優香子 『プルースト現象@東京』L'effet Proust de Tokyo

ある外国人が「宇多田ヒカルの音楽を聞くと『たたみ』の匂いを思い出す」と語ったことから始まった作品です。
今まで嗅いだ事のない匂いと新しい体験は脳の中で直接むすびつき、異国で暮らすときの違和感として表現されます。
不思議な嗅覚の体験を紹介します。

岡野 勇仁+佐藤 友梨+宮本 一行 『スカイ・イアー』Sky ear

作品のテーマは「空耳」。私たちは、元来の意味である「存在しない音や声が聞こえるような気がすること」ではなく、
「知らない言語のある言葉やフレーズが知っている言語のように聞こえること」と読み替え、身近な海外出身の方から
空耳を集めました。
作品では「母国語と似ている発音で意味の異なる、あるいは発音も意味も似ている日本語」にまつわるエピソードを
映像化し紹介します。思わずくすっと笑ってしまうような「空耳」をどうぞお楽しみください。

●会期中イベント

ギャラリー・トーク 「未来のIMMに期待すること」

日程:平成26年2月17日(月)
時間:18:30-19:30
会場:日の出町団地スタジオ[足立区日ノ出町27 日の出町団地1号棟103]
アクセス:北千住駅(東口)から徒歩約5分
料 金:無料(要予約・出入自由・先着15名)※残席のある場合のみ、当日受付を実施[実施の場合は公式サイトにて告知]

ゲスト:大橋史恵、牧野冬生(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 助教)
聞き手:岩井成昭(美術家/イミグレーション・ミュージアム・東京 主宰)

【お申し込み・お問い合わせ】

[WEBフォーム] http://aaa-senju.com/contact
[お電話] 03-6806-1740(13~18時、火曜・木曜除く)
[メール] info@aaa-senju.com

件名を「IMMギャラリー・トーク」とし、代表者氏名(ふりがな)、ご連絡先(電話番号・メールアドレス)、
参加希望人数をお伝えください。

※「info@aaa-senju.com」からのメールを受信できるように設定してください。
※ 個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

同時開催

イミグレーション・ミュージアム・東京 不思議な出会い × 千住ミュージックホール 第4回 日の出団地
9days LIVE&TALK「New frontiers of world's traditional music」

http://aaa-senju.com/musichall